COM-de-KEY(コムデキー) RS-232Cのデータをキーボードデータに変換するソフト

QRコードの日本語を出力可能。RS-232Cシリアル通信のバーコードリーダーのデータをExcelなどに入力可能。USB仮想COMも対応。Windows 7 対応

COM-de-KEY

商品:COMdeKEY:スタンダード

スタンダード版

*CD-ROM,PC5台までインストール可

価格:9,800円(税込10,584円)

注文する

商品:COMdeKEY:プロ

プロフェッショナル版

*CD-ROM,PC5台までインストール可

価格:19,800円(税込21,384円)

注文する

使用可能な2次元バーコードリーダーはこちら
[1900GHD-1USB]手持ちスキャナ

[CM-2D200K2B]手持ちスキャナ

特徴

RS-232Cシリアル通信をキーボードデータに変換
COMdeKEYはRS-232Cシリアル通信のバーコードリーダーが送信した読み取りデータを、キーボードデータに変換してパソコンに出力する常駐アプリケーションソフトウェアです。
USB COMポート対応
旧来のRS-232Cのほか、USB COMポート(バーチャルCOM)のバーコードリーダーも対応します。COM1~16まで対応。
誰でも簡単。すぐに使用できます。
プログラムの知識不要。誰でも使えるソフトウェアです。
QRコードの日本語を出力できます
2次元バーコードリーダーが読み取ったQRコードの日本語をエクセルなどに高速で出力できます。
スタンダード版とプロフェッショナル版の2種類
基本的な機能はスタンダード版で対応します。プロフェッショナル版はデータの編集加工、GS1-128(UCC/EAN-128)のAIによる編集ができます。
ログファイルの保存可能
読み取りデータのテキストファイルを作成し、ログファイルとしてパソコンに保存することができます。スタンダード版は受信データファイルの作成、プロフェッショナル版は受信データファイルおよび出力データファイルの作成が可能です。
Windows 7 対応
COM de KEYはWindows用ソフトウェアです。Windows 7,Vista,XP,2000,98SE動作確認済み。

動作確認済みバーコードリーダー

COM-de-KEY動作確認済みバーコードリーダー
バーコードリーダー 2次元コードの日本語データをExcelなどに入力 備考
1900
2次元バーコードリーダー
1900 2次元バーコードリーダー QRコードリーダー
リーダーをUSBCOMポートエミュレーションに設定して動作します。
CM-2D200K2B
2次元バーコードリーダー
CM-2D200K2B 2次元バーコードリーダー QRコードリーダー
リーダーをUSBバーチャルCOMに設定して動作します。

比較

COM-de-KEYスタンダード版とプロフェッショナル版の比較
機能 スタンダード版 プロフェッショナル版
バーコードリーダーが送信したシリアル通信データをキーボードデータに変換出力
QRコード(2次元バーコード)の日本語データをExcelなどに出力
モニタ表示(読み取りデータをHEXとASCIIで表示確認する)
対応COMポート番号 1~16 1~16
プリフィックス(前置キー)、サフィックス(後置キー)設定
読み取りデータに日時を追加する
データ入力時のトラブル対策設定(ディレイ、その他)
受信データのログファイルを作成する(COM de KEYで編集する前のデータのテキストファイル。ファイル名は固定、レコードフォーマットはYY/MM/DD hh:mm:ss 読み取りデータ CR LF固定)
出力データのログファイルを作成する(COM de KEYで編集した後のデータのテキストファイル。ファイル名と場所は任意で作成可能、レコードフォーマットは読み取りデータ CR LF) -
データの編集(※1) -
データの置換(※1) -
GS1-128(UCC/EAN-128)編集(※2) -
  • ※1:スタンダード版にはデータの編集とデータの置換がありませんが、1900GHD-1USB、CM-2D200K2Bはスキャナ本体の設定でデータの編集とデータの置換を行えます。本体での編集対象は英数データです。
  • ※2:スタンダード版にはGS1-128の編集設定がありませんが、1900GHD-1USBはスキャナ本体の設定でGS1-128の編集設定を行えます。

あらかじめご承知いただきたい事項

  • 必要なシステム容量、ハードディスク容量は、システム環境によって異なる場合がありますのでご注意ください。
  • Windowsの管理者権限(Administrator)でログインしご使用ください。

戻る

詳細

スタンダード版

COM de KEY(コムデキー)スタンダード版 は、シリアル通信(RS-232C、USB仮想COMポートエミュレーション)のバーコードリーダーが出力したバーコードデータをキーボードデータに変換してパソコンに入力するソフトウェアです。

QRコードの日本語を出力

バーコードリーダーがRS-232C(またはUSBCOMポートエミュレーション)の場合、バーコードデータはパソコンの通信ポート「COM」に入力されます。COMに入るデータは16進数の文字(Hex)で、通常は一目見て意味がわからないデータです。 COM-de-KEYはコンピュータ用の文字を人間が読める文字に変換する役割を持ちます。QRコードに日本語が含まれているとき、本ソフトを介してマイクロソフトEXCELのセルなどにキーボードデータとして入力可能です。

バーコードのサンプル バーコードリーダーの出力データ(HEX) COMdeKEYを経由してExcelなどに出力するデータ
JAN-13
JAN13
34 39 31 32 33 34 35 36 37 38 39 30 34
4912345678904
バーコードの文字通りにデータを入力します。
QRコード
QRコード
90 BB 91 A2 94 D4 8D 86 2C 41 31 32 33 34 35 製造番号,A12345
漢字などの日本語を入力します。

通信可能なCOMポートと自動接続設定

起動時に毎回設定したり設定ファイルをロードしなくともCOMポートを自動検出して接続するので便利です。

スタートアップへの登録

PCが起動したときに自動的にソフトが起動しすぐにスキャナを使用できます。ソフトは常駐しWindowsの通知領域にアイコンが表示されます。

モニタ表示

入力データのモニタ表示(テキストとへキサの切り替え表示可能)。入力したテキスト情報以外の制御コードなどの確認に便利。

COM1~COM16まで対応

USB シリアル(USB COMポートエミュレーション)でも使用可能。デバイスドライバによって生成された仮想COMポートから出力されたシリアル受信もできます。

プリフィックス(前置キー)、サフィックス(後置キー)設定可能

スキャナ本体に設定せずにソフトでプリフィックス、サフィックスを設定可能。マニュアルいらずの簡単設定。

バーコードの読み取り年月日と時刻も出力可能

バーコードリーダーにタイマーがなくてもパソコンの日時を取得して、プリフィックスとサフィックスのオプション機能により読み取った日時をバーコードデータとあわせて出力できます。

データ出力速度のディレイ設定

アプリケーションの実行速度にあわせて出力速度の調整が可能。

受信データのファイル作成

受信したバーコードデータのテキストファイル(.txt)を作成可能。スタンダード版ではバーコードデータそのままのデータをファイルで作成します。ファイルはCOM de KEYのインストールフォルダ内に固定ファイル名で作成します。

(注)スタンダード版はCOM de KEYで編集加工した出力データのファイル作成は行えません。出力データのテキストファイル作成はプロフェッショナル版が対応します。出力データファイル作成は任意の場所に任意のファイル名を作成できます。

プロフェッショナル版

COM de KEY(コムデキー) プロフェッショナル版はスタンダード版の機能を全てサポートし、次の機能が追加されます。

データの編集

RS-232CまたはUSBシリアルエミュレーションのバーコードリーダーが出力したバーコードデータの前方や後方のデータを削除することができます(指定したバイト数を取り除く)。

文字の置換

バーコードデータの文字を置換可能。-(ハイフン)をTABに置換して出力することなどができます。置換できるキャラクタ数は最大10キャラクタです。

GS1-128(旧称:UCC/EAN-128)の出力編集

GS1-128(UCC/EAN-128)をAI(アプリケーション識別子)ごとに編集することができます。*バーコードリーダーがGS1-128(UCC/EAN-128)8のFNC1を"]C1"として出力できる時に編集可能。次のような編集が可能です。

  • 目視文字のAI用の括弧()を付加して出力する。
  • AIを削除して出力する。
  • 日付データをYYMMDDをYY/MM/DDとして出力する。

受信データおよび出力データのファイル作成

受信したバーコードデータのテキストファイル(.txt)を作成可能。また、COM de KEYで編集加工した出力データのテキストファイル作成(.txt)も行えまます。出力データファイル作成は任意の場所に任意のファイル名を作成できます。

戻る

仕様

仕様/必要なシステム
メディア CD-ROM
CD-ROMドライブ 必須
OS Windows® 7,Windows VistaTM,Windows® XP,Windows® 2000,Windows® 98SE 以上の日本語版オペレーティングシステム
動作CPU 最低:PentiumII、推奨:PentiumⅣ 以上
動作メモリ 最低:64MB、推奨:512MB 以上
動作HDD容量 インストール時最低:20MB、利用時最低:20MB、利用時推奨:256MB
RoHS指令 対応
その他 スタンダード版、プロフェッショナル版いずれも1ライセンス(CD-ROM1枚)につきPC5台までインストール可。
  • 必要なシステム容量、ハードディスク容量は、システム環境によって異なる場合がありますのでご注意ください。
  • Windowsの管理者権限(Administrator)でログインしご使用ください。
  • 製品の仕様は改良のため予告無く変更する場合がございます。

戻る

ダウンロード

資料

戻る